Menu

転職活動における身だしなみの実情

中途で転職活動をするときには、できるかぎり身だしなみを考えることが大切です。面接に挑むときには好印象を与えられるように清潔感を重視した姿で会場に向かうのが基本となります。

服装だけでなく靴やカバン、髪型なども適切な状態にして面接を受けた方が不採用のリスクを下げられるのは確かです。しかし、新卒のときのようにリクルートスーツを着て、黒髪にして向かうのが良いとは限りません。実際には社会人として、相手に不快感を与えない程度に身だしなみが整えられていれば十分と考えられている場合も多いのです。

新卒の場合には将来的な成長を考えて採用するため、できるだけポテンシャルが高い人を採用することが重要視されます。少なくともビジネスの現場で必要になる基本的な身なりを整えられる能力があるかという観点から応募者を吟味するのは当然とも言えるでしょう。

しかし、中途採用の場合には現場で必要とされている即戦力の人材を獲得するのが目的の場合がほとんどです。営業や接客をする人材を確保しようとしている場合には身だしなみが重要なのは確かですが、一例として工場で働くエンジニアを探している場合には対外的に姿を見せることはあまりなく、能力の高さの方が重視されることもあります。

こうした事例を見ても、職業によっては現場で必要な最低限の身なりで面接に来ていれば十分だと考えられます。不自然なほど身だしなみを整えていると、逆に目立ってしまうこともあるので、ネットでリアルな実情などを調べて、身だしなみの程度を考えたほうがいいかもしれません。