Menu

相手に好印象を与えるコツ

誰もが人と面と向かって話した時に、この人の印象はいいな、この人の印象はいまいちだなと感じることがあるものです。それは転職時の面接の際も同様で、面接官自身も自分の価値観に当てはめて、この求職者は好印象だ、反対にこの人はちょっと、と判断しています。

どこの面接でも、大体15~20分といった短い時間で行われます。そんな中で、自分のことを知ってもらうために最大限のアピールをする必要があります。その際、相手に与える印象が好印象かどうかということは、採用の大きなカギを握っています。

好印象のコツといっても、あくまで相手の受ける印象なのですべて一概には言えませんが、好印象を与えやすい傾向というのはあります。特に、面接時の声が大きく、受け答えがはきはきしていると自信があるような印象を与えることができます。また髪の毛を綺麗に整えておくと、それだけで清潔感を与えることも可能です。

また服はしわのないものを着用する、靴は汚れのないものを履くなど、ちょっとしたポイントに気を付けるだけでも身だしなみが整った印象を与えることができます。

さらに転職の面接時に気をつけたいポイントは、目線や口癖です。質問に対して答えるときに視線がうろうろしていると、自信がないように見えます。加えて面接官は、自分より上の立場の人なので、当然敬語で話す必要があります。中途半端な敬語を話していると、社会人として信用されません。受け答えの言葉を事前に練習して、敬語が正しいかどうかを調べておくようにしましょう。